menu

菅井デザインオフィス

横浜市西区平沼1-1-12-301
営業時間.10:00~19:00

TEL.045-534-3561

使った分だけ支払うイマドキのサーバー運用AWS

クラウドコンピューティングで自由な環境構築

WEBサイトを運用するために絶対に必要になるのがWEBサーバー。
ごく一般的なWEBサイトであれば、一般的なレンタルサーバーでほとんど事足りてしまいます。
最近はコストパフォーマンスも高いので、年間一万円もかからず、機能も充実し使い勝手もかなり良くなっています。
その反面、制限がきつく出来る事も限られています。ごく通常のWEBサイトであれば問題ありませんが、アクセス数が膨大、より高速で安定したデータ配信が必要、大容量のデータを取り扱う、特殊なモジュールが必要、より強固なセキュリティ対策が必要等といった場合、通常のレンタルサーバーでは対応できません。
一昔前であれば自社内にサーバーを立てる、レンタルの専用サーバーを利用するといったところですが、最近はAWS(AmazonWebService)を利用することが多いです。

AWS(AmazonWebService)とは

AWSとは、ご存じあの通販サイトAmazonが運営するクラウドサービスで、100以上のサービスが提供されており、必要な時に必要なインフラを短時間で構築することができます。

料金は利用した分だけ支払う従量制が基本です。以前であれば専用サーバーを立てていたようなものでも、そのほとんどはAWSを利用することでよりシンプルに効率よく短時間で構築することができます。

用途に応じて選択できる様々なサービス

WEBサイトの構築で一番利用するのはEC2という仮想サーバーです。通常のレンタルサーバーでは運営に難がある場合でも専用サーバーを立てることなく安定した環境を整えることが可能です。

また最近できたLightsailというサービスは、ワードプレス、LAMP、Windows Serverといった環境がわずか数分で構築でき、そして低価格なサービスもあります。
月額もわずか$3.5からのプランが用意されており、単純にワードプレスだけ利用したいというのであればレンタルサーバーを利用するよりAWSの方が安定した運営が可能です。

高いコストをかけて専用のサーバーを立てるのではなく、AWSを利用し使ったぶんだけ支払うという使い方でできるのはとても便利です。

AmazonWebServiceのWEBサイトは下記となります。
https://aws.amazon.com/jp/